弁膜症について

心臓には三尖弁(右心房室弁)、肺動脈弁、僧帽弁(左房室弁)、大動脈弁という4つの弁があって血液が逆流するのを防ぐ働きをしています。

 

ところが、心臓の弁の機能に問題が起きて弁の開きが悪くなり血液が流れにくくなると“狭窄”が起こったり、弁が完全に閉じなくなると血液が逆流する“閉鎖不全”という状態になったり、さらにこれらの症状が同時に起こっていることもあります。

 

このような状態を“弁膜症”と言い、弁の病気はじわじわと進行していくために人によっては自覚症状が出ないこともありますが、一般にはちょっと動いただけでも疲れやすかったり、動悸や息切れ、胸の痛み、呼吸困難といった症状を伴うと言われています。

 

弁膜症は心臓の弁の中でも特に“大動脈弁”と“僧帽弁”に起こりやすく、原因としては先天性のものと、リュウマチ熱や動脈硬化、心筋梗塞の後遺症など後天性のものがありますが、近年は高齢化にともなって “大動脈弁狭窄症”や“大動脈閉鎖不全症”、“僧帽弁狭窄症”、“僧帽弁閉鎖不全症”も増えていると言われています。

 

内科的治療では、肺うっ血を軽減するために利尿剤を用いたり、心臓の負担を軽減するために血管を拡げる薬などが処方されますが、弁膜症は自然治癒することはないので定期的な検査を行って病状を管理します。

 

また外科的治療では、問題のある弁を切除して新たに人工弁をつけたり、弁の悪い部分だけを修復する手術が行われます。

 

弁自体は小さなものですが、弁の異常を放置しておくと心臓を動かしている筋肉まで異常が起こって心不全や突然死につながることもあるので、日常生活に変化を感じたら早めに医師に診てもらうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>