弁膜症の手術≪大動脈弁≫

大動脈弁というのは心臓から全身に血液を送り出す際の最後の部分にある弁で、この弁の病気で代表的なものに“大動脈弁狭窄症”や“大動脈弁閉鎖不全症”があります。

 

まず“大動脈弁狭窄症”は、リュウマチ熱や動脈硬化などによって弁の石灰化が進んで全身の血流が悪くなってしまう病気で、大動脈弁が十分に開かないために、左心室から大動脈へ向かう血流が阻まれてスムーズに流れなくなり、左心室にかかる負担が大きくなって心筋が肥大して壁が厚くなります。

 

次に、“大動脈弁閉鎖不全症”は大動脈弁が完全に閉じないために、大動脈へ送られた血液が左心室へと逆流してしまい心肥大を起こし、さらに進行すると心不全が起こりやすい状態になります。

 

これらの病気は長期間無症状のままで徐々に進行していくことが多く、重症化すると心不全や失神、狭心症などの症状が出ますが、放置しておく期間が長くなればなるほど肥大化は進み、手術の危険率が高くなりますし大動脈へ送りだされる血液の量も少なくなるために、心臓の筋肉へ十分な酸素がいきわたらなくなって最悪の場合突然死を招くこともあります。

 

そこで早めに治療を開始する必要がありますが、いずれも大動脈弁の形や動きに問題があるのが原因であるために、根本的に解決するには肺のうっ血を軽減したり血管を拡張させる薬による内科的治療ではなくて弁の手術が適切であると言われています。

 

“大動脈弁”の手術は、弁の不良個所を修復する“弁形成術”と、新たな弁に取り換える“弁置換術”とがありますが、弁形成術で治癒させることは難しいことから殆どの場合弁置換術が行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>