弁膜症の手術≪僧帽弁≫

心臓にある4つの弁の1つ僧帽弁は、正式には左房弁と言われるもので左心房と左心室の間にあるもので、この弁に異常が起こって発症する病気に“僧帽弁狭窄症”や“僧帽弁閉鎖不全症”があります。

 

まず“僧帽弁狭窄症”は僧帽弁が十分に開かなくなる病気で、左心房から左心室へ向かう血流が阻まれることによって左心房に血液がたまって血栓ができやすくなり、肺にも水がたまって心不全が起こりやすい状態になります。

 

 

“僧帽弁閉鎖不全症”は僧帽弁が閉じ切らないために、左心室から左心房へ血液が逆流する病気で、かつてはリュウマチが原因で僧帽弁の病気が引き起こされることが多かったのですが、最近では抗生物質が進歩したために著しく減少し、代わりに弁そのものが弱くなって逆流を起こす僧帽弁閉鎖不全症が多くなってきたと言われています。

 

血液を十分に送ろうとして心臓が拡大し、限界の状態になったときに動悸や息切れやせき、呼吸困難といった症状が現れることもありますが、慢性化している場合は逆流の程度が大きくても自覚症状を伴わないこともあるようです。

 

僧帽弁の手術では、殆どの場合自分の弁を取らずに悪い部分だけを修復する“弁形成術”が行われます。

 

この手術は、内服薬を併用しながら弁の周囲にリングなどを取り付けたり、切って形を整えて縫い合わせたりするもので、弁を新たに付け換える“弁置換術”と比較すると術後に感染症や血栓症を発症するリスクが低いと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>