狭心症・心筋梗塞の手術≪カテーテル治療≫

“心筋梗塞”は心筋に酸素を供給する冠状動脈が完全に詰まって血液が流れなくなることによって心筋の細胞に壊死を引き起こす病気で、一旦壊死してしまうと細胞は元には戻りませんし治療が遅くなってしまうと死亡率が高くなってしまうために、一秒でも早く処置を行って血液の流れを取り戻さなければなりません。

 

また“狭心症”は、冠状動脈が完全には詰まっていないものの狭くなって心筋に送られる酸素や栄養の量が少なくなっているために、放置して悪化させると心筋梗塞を発症しやすくなってしまいます。

 

狭心症の治療や手術は、心筋梗塞の治療や手術と殆ど同じですが、手術にはカテーテルを使った冠動脈の形成術と、開胸して行う冠動脈バイパス手術とがあります。

 

カテーテルを使った冠動脈の形成術では、手首や足の付け根などの動脈からカテーテルを入れて冠動脈内の狭窄部分を拡げる処置が行われ、そこでは先端部分に風船をつけたカテーテルを挿入して狭窄部分で膨らませる“風船治療”や、カテーテルを使ってステンレスなどの金属でできた編み目状の筒を狭窄部分に入れて膨らませる“ステント治療”があります。

 

風船治療とステント治療とは似ていますが、“風船治療”の方が膨らませたあとすぐにバルーンを取り出すのに対して、“ステント治療”ではステントはそのまま血管内に残されるために治療効果はより高く、狭窄部分が再び元の状態に戻ってしまうことも少ないと言われています。

 

またステント治療の効果をさらに高めるために、薬を塗布したステントを埋め込む“薬剤ステント治療”が行われることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>