心房中隔欠損症の手術

心臓の右心房と左心房を仕切っている“心房中隔”という壁に孔の開いている病気を、“心房中隔欠損症”と言います。

 

胎児期には赤ちゃんの心房中隔は“卵円孔開存”といって孔が開いているのが普通で、この孔は生後数日の間に閉じるようになっていて、すぐに閉じなくても1cm以下であれば1~2歳まで開いていても自然に閉じることが多いのですが、1歳以上で1cm以上の孔がある場合は自然閉鎖することは殆どなく、体の成長とともに孔も大きくなる場合があるので手術が必要となります。

 

先天性の心疾患の中では非常に頻度の高い病気で、約6割を占めていると言われていますが、これといった症状もなく心雑音も発見しにくいために、幼児期には身落とされがちで、小学校や中学校に入ってからの心電図検査で発見されることが多いようです。

 

正常な心臓では肺で二酸化炭素と酸素とのガス交換を終えた新鮮な血液は、左心房から左心室へと流れて大動脈から全身へと送られますが、“心房中隔”に孔があいていることによって血液が左心房から右心房へと逆流して再び肺に戻ってしまい、全身に送られる血液は不足してしまいます。

 

また肺には通常の何倍もの負担がかかり続けることから、年齢とともに息切れなどの症状がじわじわと現れ始めたり、肺の末梢にうっ血が起こって風邪をひきやすくなったり肺炎を起こしやすくなったりし、体力的にも劣ってくるようになります。

 

実際には50%以上の血液が逆流している場合に手術が必要とされますが、子供の精神的負担も考慮してできるだけ早い時期に手術を行うのが良いと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>