セカンドオピニオンについて

“セカンドオピニオン”とは、患者が治療に関してよりよい決断をすることを目的としているもので、「担当の医師の診断が正しいか」とか、「主治医にすすめられた手術が適切なものであるか」、あるいは「他にもっといい治療法はないか」など、患者が治療法に関して少しでも不安をいだいている場合には、主治医以外の他の病院の医師の意見を聞いて参考にするというものです。

 

「主治医のことを信用していないみたいで、失礼になるのではないか」と思われる方もいるでしょうが、特にガンや心臓病といった治療法が日に日に進歩している分野では、現場の医師たちでさえセカンドオピニオンを必要とすることが多いようですので、理解して納得し、同意するという“インフォームドコンセント”の概念が普及した現代では、その過程で専門知識をもたない一般の患者が不安を覚えたり、もっと多くの専門家の意見を聞きたいと思うのはごく自然なことだと考えられています。

 

実際に日本でも、大きい病院には“セカンドオピニオン外来”というのがあります。

 

これを利用するには、最初の病院から病気の経過に関する情報提供書類や検査資料をもらってセカンドオピニオンをお願いする病院へ持って行き、「○○病院でこのように言われたのですが、セカンドオピニオンをお願いします」と言えば受け付けてもらえますが、ここでは検査や治療といった診療は行われず、相談だけになるので健康保険給付の対象とはならず費用は全額負担しなければなりません。

 

一般外来での保険診療を希望する場合は再度検査をしてもらうことになりますが、その際にも、これまでの経過が記録された資料があった方がより正確な診断につながるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>